銀杏並木の四季を感じながら

Scroll down to content

イチョウは英語で「ginkgo」といいます。

食べる「銀杏」のことは「ginkgo nuts」といいます。

Dieses Baums Blatt, der von Osten

東洋から来てこの庭に育った

Meinem Garten anvertraut,

いちょうの木の葉には

Gibt geheimen Sinn zu kosten,

心あるひとをよろこばす

Wie’s den Wissenden erbaut.

ひそかな意味がかくれています

Ist es e i n lebendig Wissen,

これはもともと一枚の葉が

Das sich in sich selbst getrennt?

二つに分かれたものでしょうか

Sind es zwei, die sich erlesen,

それとも縁あって結ばれた

Daß man sie als e i n e s kennt?

二枚が一つに見えるのでしょうか

Solche Frage zu erwidern,

もしその答えが知りたければ

Fand ich wohl den rechten Sinn;

わたしにいい考えがあります

Fühlst du nicht an meinen Liedern,

あなたはわたしの詩を読んで感じないでしょうか

Daß ich eins und doppelt bin?

わたしが一人でありながらいつも二人だと

この銀杏並木で

お店を開ける喜びを感じながら

二人の愛が結ばれますように

クレープアンより

祈りを込めて

PS

Ginkgo, Ginko [ギんコ] は「イチョー」の別名の日本語銀杏から出た言葉である。『大辞林第三版』によれば「ぎんなん」は「ぎんあん」の連声と記されている。18世紀初め植物学者のケンペル(Engelbert Kämpfer)がこの樹木をヨーロッパへ紹介した際、Ginkjo(『漢辞海第二版』では「銀杏ギンキョウ」)と記したのを、Ginkgo と誤って伝えられた、との説がある。それはともかく、学名Ginkgo bilobaと聞けば、60代のゲーテが愛人の銀行家の妻マリアンネ・フォン・ヴィレマー(Marianne von Willemer)に捧げた『西東詩篇』(1819)の中の詩をすぐ連想する方もいらっしゃるであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。