PENTAXがRICOH GR IIIに生きている

Scroll down to content

このセンサーの感度がPENTAX K-70そのものである

これは嬉しい誤算!

暗所性能が抜群のK-70の技術が応用されている

素晴らしい!

PENTAXが生きている

SR技術が生かされてる

その応用として

1 超音波振動による撮像素子クリーニング機能

2 手ブレ補正はセンサーシフト方式(3軸補正)4段分

センサーが大きくなって、画素数が増えると

ちょっとした手ブレも目立って

ブレ写真が激増する

歩留まりをよくするには

この手ブレ補正はありがたい!

センサーそのものを浮かしてタテヨコ斜めの振動をキャンセルする

これはPENTAXのお家芸

その延長に

3 ローパスセレクターの導入

3 PENTAX一眼レフのアクセラレーターユニットを搭載することで高感度画質も向上している

ISO 100~102400を実現

これを体験すれば

手持ちで

夜間撮影可能だろう

PENTAXが生きている

なんだか嬉しいな!

何年先になるかはわからないが

手に入れたくなる改変だね

中身の次元がガラッと変わっている

標準でも10センチから無限

マクロ 6センチから12センチまで

レンズ構成これは5群6枚から

新設計レンズ4群6枚にしたメリットだね

レンズを減らしてSR システムを入れた

PENTAXと合併したメリットに違いない

4 標準でも10センチから無限

マクロ 6センチから12センチまで

5 USB Type-C充電可能

バッテリーチャージャー充電可能

(メーカーは推奨できないだろうけれど(責任回避のため)

5 地味だけど2ギガの内蔵メモリーは、忘れっぽいシルバーの味方

うっかり他のカメラにカードを入れて、入ってなかった時に

2ギガあればワンシーンは数十枚撮れる

6 露出補正の「+/-ボタン」がなくなり「ADJレバー」に割り当ててることができる

これはセミプロに受けるだろうな!

カメラは撮ることではなく

社会の本質を見極めるためのものだと

私は思う

だから

あなたもGRistの仲間入りしませんか?https://www.grblog.jp/

わずか

109.4×61.9×33.2 mm257グラムの箱の中に

右手一本で操作できる

片麻痺のためのカメラ

手持ちのカメラ売って

手に入れたい程

魅力的な仕上り

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。