人は母なる海から生まれて来たのだろう

それだけに産むことの苦しさと喜びは正比例するのだろう

産ませることはできても

自分で産むことはできない

「男はこんな時なんの役にも立たね〜」

苦しむ貞子に何にもできないでいる男の悲哀がそこに

今日オールアップした

さくらの親子丼2

まだテレビでは6、7、8話が続く

特に今週第6話は出産シーンを迎える

貞子のルーツを探る旅に出たさくらさん

心臓が飛び出るくらいの事件が

貞子の過去に広がる

その暗闇に潜む悲劇に心を痛める暇もなく

病気で来れないサンバさん役を覚悟する回が繰り広げられる

出産という産みの苦しみの前に

シェルターの子供達は何を感じるか

大きな山場が来るような気がする

私も瑛久の出産に立ち会うはずが

お正月を挟んだため

医者と看護師が対立し

一向に陣痛が来ないので

陣痛促進剤を使うことに同意した正月

とうとうそれも効果なく

帝王切開へと

無事に3日の日に手術室から産声を聞く

ところがここから

とんでもないことが起きる

見守る私の前のベットが赤く血に染まる

ほぼ意識のない状態が続き

直ぐに輸血が行われ

意識を取り戻すという

緊急事態を目の前にして

陣痛促進剤の怖さを知らされることになる

大きな病院だから

輸血が間に合う

でもその病院から婦人科が消えることになるとは

今日のオールアップで

マヤさんをはじめとするスタッフの方達から

抱えきれないほどの愛をいただき

そんな思い出が蘇る

24歳の誕生日

本当にここまで色々な経験をさせてもらい

共に成長できた

親子

何かの縁だろうか

不思議な運命を感じながら

うみの苦しみ

海の奥深さを感じながら

今日という日を生きている

ありがとうお母さん

母は偉大だ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。