人は悲しみの中で生きて行けるけど苦しみの中では生きていけない

Scroll down to content

2007年9月に倒れる

絶望のどん底に落とされる

地上げ屋からの明け渡し訴訟中

突然の左半身運動機能障害宣告

お店のこと

息子のこと

一挙に悲しみが津波のように押し寄せてくる

でも捨てる神あれば

拾う神もある

北原リハビリで過ごした日々を支えてくれた

3人の理学療法士さん

慣れない弁論を支えてくれた八王子地裁の判事さん

的確な指示をくださった書記官さん

見えない道先に

光を灯してくれた全ての人に

ありがとう

ありがとう

ありがとう

悲しみの向こうに

皆さんの笑顔が待っていた

毎日のように

お店にやって来てくれる

さくらの親子丼2に寄せられたコメントの数々が

今の私の生きがい

今週土曜日第4話

少年院仮出所中の香が迎える

大嫌いなクリスマス

何があったのであろう?

予告編からわかる

「幸せって長く続くもんじゃないぞ!」

認知症入口の老人の一言が胸に迫る

それは私なのかもしれない

素晴らしい脚本に出会えて

本当に良かった!

このドラマの核心をもう一度噛み締めれば

光が見えてくるような気がする

こんな感想が寄せられて

若い世代の役者同士のぶつかり合いの中に

光が見えてくる

何度も書き直された脚本

やっと最終稿が!

認知症入口の老人との出会いが

胸に迫る

第4話を見逃さないでほしい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。