幸せですか

お母さんを信じてますか

あの子達は親に捨てられたんじゃない

親を捨てた子達です

これっぽっちも親を信じられません

でもね それでも私は信じたいの

母親は何があっても母親だって

その子にとってたった一人の母親だって

だから私 あの子達と一緒にいるのがつら過ぎます

木枯らしが身に染みる頃

わずかに咲いていた花が愛おしい

母さんの温もりだ!

命あるものやがて枯れてゆく

優しく

優しく

「頑張るのよ!」

優しい風に乗って聞こえてくる

頬を突き刺す木枯らしでさえ

あったかい

母さんの匂いが

懐かしいおでんの匂い

みんなで食べるおでん

熱々のおでんを口一杯に頬張る

優しい母の味が広がる

ありがとう母さん

待っててね

ps

撮影の合間に

みんなで食べる

たい焼きの味が染みてくる

帰りたい

母さんの故郷へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。