親の虐待から生き延びた人たち――「人生を取り戻す」100人が寄せた手記

Scroll down to content

手記に書かれた人達が

少なくとも

親の虐待から避難できていれば

そう思わずにはいられない

私自身の経験では

2度ほど親子の間に入って

子供を一時的におばあちゃんの家に避難させたことがある

一人はアルバイトで働いていた子のお母さんが

髪の毛を引っ張って

路上にひっぱり出して

大声で叩いたりするという高校生の親との間に入り

一次的に避難させたことがある

もう一人は隣の子が

お母さんから締め出されて

かなり激しい怒りをぶつけていたことで

家に入れずにいたので

やはりおばあちゃんの家に避難させた時

いずれの親も

教育熱心で

思春期の娘の行動に腹を立てた末の行動

たまたま近くに避難できたから

怒りが収まる頃を見計らって

話し合いをさせて収まる

親子や家族だけだと

もろに感情をぶつけ合い

いく末は

昨日の事件のように

仲裁に入った人間までも刺し殺してしまうほど

人間の性は怖いものがある

いわゆる切れてしまう

おそらく昨日の事件は

夫婦喧嘩から両親や子供までやってしまうほど

人間は獣以下になってしまう

ノーベル賞作家

「ソロモンの指輪」を書いた作者は

動物の方が

限度をわきまえ

それ以上やっては行けないところで引き下がる

むき出した牙を引っ込めるという

人間はその限界を超えて

母親の首まで切り落として

自分は橋の上から身を投げ出す

だったら最初から自殺してくれれば

犠牲者がこんなにも出なくて済むのに

と思うが

愛すればこその

その深さゆえ

その反動も大きい

果ては

国と国との殺し合いまで発展させてしまう

悲しい性を持っている人間

インテリと言われる人間にも多いのが怖い

そんな豹変ぶりを2度ほど経験して

今ここに命がある

私も少女も生きている

シェルターの存在があれば

そこに避難させていたと思う

シェルターの存在を1人でも多くの人に知ってもらいたい

このドラマに隠された親子の絆に気がついて欲しい

いよいよ今週土曜日配信開始


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。