PENTAX Q7に教えられる

紅葉の写真

夕日の写真

写真の原点に帰る

表現する面白さ

レンズの多様性こそ

ミラーレスの楽しみ

片麻痺になって感じる

レンズ交換は両手が必要

ところがQ7は右手親指でボタンを押しながら

片手で交換できる

ズーム操作も片手に乗せて

簡単に親指と中指で回せる

それほど小さくて軽い

全ての設定もグリップしながら

親指と人差し指で操作できる

目からウロコの操作性

再生ボタンだけ上面左なので

握りながら人差し指は届かない

持ち方変えて

親指で再生ボタンだけ押している

PENTAX Q7の中古シルバーを手に入れる

やっぱりSP時代が懐かしい

人気があるので

ブラックより高くて2万円台

マップカメラからの入荷連絡で1万円台で手に入れる

最初に手に入れたブラックは液晶の残像が残る事があり

やっぱり中古だな!

修理に出すなら修理代で中古が買える!笑

リセットし直したら治った!?笑

人も器械も壊れるのが当たり前

どうやって対処するか

経験がものを言う

マップカメラオリジナルネックストラップ付きで

ストラップを差し込むリンクも両側について抜かりはない

フィルターネジといい

さすが PENTAX

レンズのシルバーもボディのシルバーも

ややゴールドよりで安っぽさはない

06の望遠を付けてもXF10並みの重さで

片手で十分速写可能

電動ズームより速く目的の画角にできる

なんという手軽さ!

XF10の出番が減って行く

手ぶれ補正なし

フィルターもつけられない

ストラップも片側だけ

手放そうかな?

心は PENTAXへ

揺れ動く

移ろいやすい

己の心

PS

Q7を撮影したのはXF10

大型センサーのボケは素晴らしい!

06望遠で

どれだけボケを出せるか

次回は

その辺を調べて見たい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。