F1.9のレンズ 47ミリ相当

絞り羽根枚数  5枚

最短撮影距離20センチが7710円

37グラム

本体合わせて 237グラムは

XF10が重くずっしり感じる

さすが旭光学

PENTAXを生み出した旭光学は消滅しているが

リコーイメージング会社に受け継がれてる

CanonもNIKONもレンズの研磨技術は

継承されている

世界が賞賛するのは

その研磨技術なのだ!

来年春に再販するリコーのGR3は

おそらくPENTAXのブランドで売り出すのではないか!?

デジ本でこんなタイトルがついて

Q骨頂

アマゾンで339円で売り出し始めた

アマゾンはいいタイミングで

デジタル化したムック本を発表するな〜!

こういう本こそ

老眼のシルバー世代にありがたい!

付属の説明書なんて老眼鏡かけても

疲れるだけ!

とにかく

細かいところは簡単に拡大できる

PENTAX Q10の面白さ楽しさ満載だ!

これで読書の秋は

おもちゃをいじりながら

あんな写真

こんな写真を

大いに楽しもう!

G7Xよりふた回り小さく軽い

01 STANDARD PRIME F1.9

06 TELEPHOTO ZOOM望遠249ミリなら(全域で100センチの最短なら

離れたところから蝶のドアップが狙えるだろう

十分にボケてくれる

PENTAXのノウハウが生きていて嬉しい!

XF10 では付けられなかったフィルターも付けられる!

ほら!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。