マクロボタンなんて野暮なものはついてないのがXF10の良いところ

イキナリ突っ込める10センチまで

いつでもどこでも

押し忘れてチョウはどこかへということもない

上の写真は絞りー1なのでボケは少ないが

ボケを強調したければダイアルで自由自在

上をトリミングしても

この解像度

G7XやLX100より一回り大きいセンサーのボケは

本当にお見事に尽きる

スマホやコンデジでは到底無理なボケ味

デジタル処理したボケなんていずれ飽きる

所詮ごまかしだから

この美しさにはまって欲しい

10センチまで近寄ってから

トリミングすれば二、三センチまで寄ったと同じ効果が得られる

このセンサーの大きさの威力!

フジノンレンズの解像度!

前ボケと後ボケの例

お店から見たザボン!

お店のドアーを手前に前ボケの応用

後ボケの応用

上の28ミリを50ミリにして

よりアップを利用した後ボケの応用

50ミリはテーマを引き出す時に

より狙いが浮き出る

ミラーレスの50ミリレンズに交換した効果が狙える!

28ミリ,35ミリ、50ミリの交換レンズを持っていけば

普通1キロを超える荷物になる

XF10なら

たったの270グラム

ちょっと高くなってしまったけれど

仕方ない

市場価格は

需要と供給で決まる

良いものは最初の初期ロットをさばいた後に

次の生産が初期より少ないのだから

当然上がってくる

43000円まで落ちたのに

良いものは生き残り

値段も上がる

次に安くなるのは

おそらく

GR3が出る頃かも?

クリスマスやお正月前は最も高くなる

需要に供給が追いつかないから

メーカーは価格と生産を

その辺を狙って

調整をしている

クリスマス

キレイなイルミネーションの写真を撮りたいでしょう!

こんなのを

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。