ケースが届いて、クラシックカメラのような雰囲気が出て

益々魅力を増す

GRⅢの全貌が明らかに

手振れ補正と

レンズキャップがいらないのはいいけれど

そのために犠牲になったレンズ構成と

これだけレンズがシャシャリ出てくるのは良くない

それによって埃が入りやすくなっている

これだけ出ると防塵防滴は無理でしょう

レンズ構成を減らすことで

手振れ補正機構を入れることと

PENTAXの技術導入でセンサークリーニングができるようになった

気になっていた液晶側は?

ご覧の通り

グリップを膨らまして横幅を減らしてXF10と同じように

タテヨコ美しい黄金比になっている

厚さが増しているが!?

ビデオボタンがサイドに(ビデオをよく使う人には辛い!)

よくまとめたと思う

でもフラッシュがないのは

カメラ女子には受けないだろうね!

私のにはちょこっとだけれど

グルメレポートに最適なバランスのフラッシュが発光するようになっている

逆光時のポートレイトなどにも有効

さりげなく!

抜かりなく!!!笑笑

女子のハートを掴む

センサーが大きくなることで

どれだけ魅力ある写真が撮れるのか

その辺がわかってもらえなければ

おいそれと1000ユーロ約13万出せるはずはない

再びRICOHは撤退の道へ進むことになるだろう!?

前回のブログで

手振れ補正がないことによるハンディは

晴れていれば

片手撮りでも全く問題ない

夜景の時などは感度を6400にすれば

シャッタースピードを稼げるので

それだけ大型センサーは光を取り込むのに有利なんだということを

カメラ女子に刷り込むことができる格安XF10 を(4万5000円前後、交換レンズ一本分で買える)

是非!初体験してほしい!

これをトリミングすると

トリミングに耐えられる解像度が憎い!笑

GRⅢのいいところを体験してみたい人に

GRⅢの半分以下の値段で

ダメなら諦めもつくプライス!

思うに九割がたの人がハマると思うよ!

ギャンブルとはこういうものに投資することだよ 先生!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。