究極のミニマリズム XF10

ミニマリズム (Minimalism <英語>)は

芸術の諸分野

美術・建築・音楽・哲学・生活様式

要求される要素を最小限度まで突き詰めようとする

一連の態度に発生する最小限主義

確かに無駄をなくした生活

清貧に生きること

これも確かだが

私は

ミニマリズムは人生を充実させるための手段にすぎない

心の豊かさまで最小限であってはならないと思う

ノイズを減らして、本当に大事なものに集中するのがミニマリズム

いつの間にか

FUJIFILMがいつの間にか発売していた

デジカメのミニマリズムを実現していたとは

驚きである

驚き桃の木山椒の木

FUJIFILM XF10

重さ278.9gに

2424万画素

APS-Cの巨大なセンサーを乗せて

光学28ミリ f2.8

112.5×64.4×41

私が欲しかったX70より薄い

112.5×64.4×44.4 mm

私にとって余計なものを切り捨てるというミニマリズム精神の塊

クラシカルな佇まい

ヨダレが出てくる

ミニマリズムの本質は欲望の最適化である

と言う方もおる

キャノンのミラーレスを手放そうか

その気にさせる富士フィルムは罪やのう!笑笑

上の写真は3枚ともXF10で撮ったもの

キャノンのミラーレスにパンケーキレンズ積んでるけれど

ここまで寄れんぞ!!!

10センチまで寄れるのは、凄い!

しばらく上の写真をオカズにしよう!笑笑

オカズを減らしてミラーレスをいざ下取りへ!笑笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中