山縣選手は9.997を出していた!

Scroll down to content

なんで2位の選手と同じタイムの10.00秒なのに

同着にせずに3位なんだろう

そこに気がつかない人はいないはず

着差判定のために通常は発表されない1000分の1秒まで公式記録に示され、

測定値で山県は9秒997、

T・オグノデは9秒995だったために3位となった。

すごい戦いでした

写真判定というより

実際に計測されたのであろうか?

思うに

1000分の1秒は写真なのだろう

写真の上下に1000分の1秒単位が表示され

1000分の1秒単位の罫線が引かれているはず

足でなく上半身の一部がゴールしていれば

その位置を確かめるはず?

ちなみに

日本国内の競技会では、タイム差が2/1000秒以下だったら

着差なしとします。

国内だったら同着2位になっているはずだ!

これからアジア勢も10秒切る選手が増えるだろうから

いろいろ決めておいた方が良い!

山縣選手曰く

「9秒92という世界はそんなに遠くに感じなかった」

この写真見れば

納得!

ただ言っておくが

顔が立っている

顔を前に出せば2位になっていたかも

1位2位の選手はチャンとわかっている

フィニッシュの仕方を練習したい!

倒れこむ選手もいるくらいなので

もっと工夫しないと!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。