LUMIX DC-LX100M2 海外で発表!

Scroll down to content

LUMIX DC-LX100II


– 有効1700万画素(総画素数2177万画素)

– ローパスフィルターレス 4/3型 高感度MOSセンサー

– 4:3、3:2、16:9のいずれの横縦比でも同じ画角で、1:1の横縦比でも撮影できる「マルチアスペクト」に対応

LEICA DC VARIO-SUMMILUX 24-75mm/F1.7-2.8レンズ

– 3.0型 約124万ドットタッチパネル液晶モニター

– 約276万ドット相当EVF

– 高速・高精度な空間認識技術(DFDテクノロジー)による空間認識AF

– 「4K30p動画」「4Kフォト」「フォーカスセレクト」「フォーカス合成」

最長30分までの露光が可能になったタイム撮影

– Fnボタンを合計10個に増設(Fnボタン5個、タッチFnボタン5個)

– 従来のモノクロームに加え、「L.モノクローム」「L.モノクロームD」をフォトスタイルに新搭載

– 「モノクローム」「L.モノクローム」「L.モノクロームD」では、フィルム写真の質感を表現する粒状感を弱/中/強から選択可能

– Wi-Fi・Bluetooth 4.2搭載

USB充電対応

– サイズ:115.0mm x 66.2mm x 64.2mm

– 重さ:392g(バッテリー、メモリーカード含む)、350g(本体のみ)

– カラー:ブラック

外観はほとんど変えずに
タッチパネル化

センサーはおそらく

ミラーレスに使われている4/3インチ

1インチより一回り大きい

画素数が1700万画素

実際は一回り大きい画素を

クロップしているので

有効画素数が1700万画素なのだろう

ここにこだわるパナソニック

光学系はそのまま

F値とセンサーの大きさをを維持すればこの大きさと重量は仕方ないのだろう!

デザインや基本をコロコロ変えずに

時代に合わせて行く

いい傾向だと思う

機能美こそ究極のデザイン

そんな企業の姿勢が好きだ!

大した写真も撮れていない自分にとって

必要最小限を有効に利用したいものだと思う

だから旧型LUMIX DC-LX100シルバーを

大切に使って行きたい

相棒が京都で買ってきてくれたお土産

生八ツ橋を3センチマクロで撮って見た

ソニーもキャノンも負ける3センチマクロ

レンズの明るさといいマクロの威力といい

突出してる所が好きだ!

こうやって100均で買ってきた小皿に入れて食べるのも粋では?笑

パソコンにしても

タブレットにしても

仕事や日常を豊かにしてくれる範囲で利用してきた人生

演繹的より目的的生き方かもしれない

リハビリでもぶつかる

自分はこういう生活や仕事に向かいたいから

原理原則を要求する理学療法士とぶつかる

夢や情熱のかけらもない学校の先生とも

バイク事故で重症を負った生徒に向かって

君は私の夢だと言ってくれた先生

その生徒は今同じ気持ちを伝える先生になっている


学園祭で演奏するある女学校の生徒達

夢と情熱がなければついてこない

女も男も夢と情熱に惹かれ合う

あなたは燃えかすになっていないかい?笑

ハイヨーシルバー!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。