PowerShot G7 X Mark IIの後継機はフォトキナで!

9月下旬にフォトキナ2018が2年1回開かれることを知る

これは確実にPowerShot G7 X Mark IIの後継機が発表されるだろう

PowerShot G7 X Mark IIに不満があるとすれば

バリアングルいらないから

もっと軽くなんだけど

24ミリから100ミリ

f1.8からf2.8のレンズ

マクロ5センチ

強力な手ぶれ補正

文句つけようがない

キャノンはおそらく

フルHGより4K動画を載せたいだろう

今使ってるソニーセンサーの裏面照射型は

夜景や解像度で抜群の性能なんで

老舗としては悔しいだろう

俺だってできるよとばかりに

自社センサーを乗せてくるぞ!

PowerShot G7 X Mark IIで撮影

4kの素晴らしさは

LUMIX DMC-LX100で体験済み

但しエンジンに相当負荷をかけるので

発熱が酷い

そこをどうやって乗り越えるのか

Canonさん!

メモリーも半端なく使う

だから要らないよと言う人は

中古にすれば良い

4万円台で買えるだろう

そんなことを調べてるうちに

なんとLUMIX DMC-LX100の後継機が8/23発表とは面白い!

ほとんどデザイン、レンズはそのままに解像度を上げて

これまたマイナーチェンジ

わずかな違いは握り部分

LX100の横に赤いIIの表示があるのみ

UMIX DMC-LX100の

レンズとセンサーは

PowerShot G7 X Mark IIを超える

これも文句ない名機

だからエンジンと解像度をあげるために

ミラーレスで発表した新しい4/3センサーを積んでくるだけだろう!

両者を比較して

LX100の方はセンサーが大きい分

マクロに強い確か3センチ

ボケも素晴らしい

欠点は立ち上げが若干遅いのと重量がG7 Xより重い

だからどっちかというと、持ち出しが多いのはG7 Xになってしまう

立ち上がりも早いので

スナップならG7 Xに軍配

じっくり撮りたいときはLX100

アナログ一眼を使いこなした経験のある人は

どちらも名機の資格ありなので

おすすめだ!

第一に中古価格が下がらないのだよ!

薄利多売のカメラの時代は

メーカーにとっても

終わりたいのだよ!

いいものを一生使えるカメラにしたいのだよ!

ライカが羨ましいのだよ!

フォトキナはそんなメーカーの思惑が覗ける

面白舞台なのだよ!

iPhoneが三年周期になっているのと同じように

デジカメも比例してきているのだよ!

だよシリーズ終わり!だよ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中