スポーツマンシップに思う

Scroll down to content


動画で見ると

パスプレーを行なった後

かなり離れた所からタックルを仕掛けたプレーヤーは

退部を決意しているようだが

もし監督が仕向けるような示唆をしているなら

選手に謝るだけでなく

社会的責任を取ることは当然であるばかりでなく

実行に移した本人も同罪

運動部にありがちな上下関係

伝統の名の下に許されてしまう体質が未だに残る

日本の団体競技

スポーツマンシップ!フェアープレー!より優先するべきではない

司令塔を潰せといった監督に対して

毅然と反論できる大学生であって欲しかった

もちろん監督はその資格なし!
尊敬できる監督だからこそのチームプレイでなければ

その見極めができない人間にしてしまう日本の団体競技

個の確立が曖昧な日本社会そのものが垣間見える

ちなみに

1978年の春のリーグ戦で関学のエースQBの猿木唯資さんが負傷

選手生命を絶たれ車椅子生活を余儀なくされることになったのだ。

猿木さんは、現在、税理士として活躍されている

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。