英紙によるアジアのサッカーベスト50人

英紙によるアジアのベスト50を見れば

西野監督の選考基準が見えてくるのでは?

50位:中村航輔(日本代表/柏レイソル/GK)

49位:チャナティップ・ソングラシン(タイ代表/北海道コンサドーレ札幌/MF)

48位:サイード・エザトラヒ(イラン代表/アムカル/MF)

47位:サレム・アル・ドサリ(サウジアラビア代表/ビジャレアル/FW)

46位:アリ・アリプル(イラン代表/ペルセポリス/FW)

45位:柏木陽介(日本代表/浦和レッズ/MF)

44位:ブラッド・ジョーンズ(オーストラリア代表/フェイエノールト/GK)

43位:森岡亮太(日本代表/アンデルレヒト/MF)

42位:本田圭佑(日本代表/パチューカ/FW)

41位:マーク・ミリガン(オーストラリア代表/アル・アハリ/DF)

40位:酒井高徳(日本代表/ハンブルク/DF)

39位:フハド・アル・ムワラド(サウジアラビア代表/レバンテ/FW)

38位:ヤシル・アル・シャハラニ(サウジアラビア代表/アル・ヒラル/DF)

37位:ハン・グァンソン(北朝鮮代表/カリアリ/FW)

36位:大迫勇也(日本代表/ケルン/FW)

35位:ソク・ヒョンジョン(韓国代表/トロワ/FW)

34位:ナム・テヒ(韓国代表/レフウィア/MF)

33位:メフディ・タレミ(イラン代表/アル・ガラファ/MF)

32位:マラト・ビクマエフ(ウズベキスタン代表/ロコモティフ・タシケント/FW)

31位:アリ・ベイランバンド(イラン代表/ペルセポリス/GK)

30位:吉田麻也(日本代表/サウサンプトン/DF)

29位:アクラム・アフィーフ(カタール代表/アル・サッド/FW)

28位:ナワフ・アル・アビド(サウジアラビア代表/アル・ヒラル/MF)

27位:イ・ジェソン(韓国代表/全北現代/MF)

26位:中村憲剛(日本代表/川崎フロンターレ/MF)

25位:アリ・マブフート(UAE代表/アルジャジーラ/FW)

24位:小林 悠(日本代表/川崎フロンターレ/FW)

23位:カーベ・レザエイ(イラン代表/シャルルロワ/FW)

22位:カリム・アンサリファルド(イラン代表/オリンピアコス/FW)

21位:岡崎慎司(日本代表/レスター/FW)

20位:クォン・チャンフン(韓国代表/ディジョン/MF)

19位:乾 貴士(日本代表/エイバル/MF)

18位:ク・ジャチョル(韓国代表/アウクスブルク/MF)

17位:久保裕也(日本代表/ヘント/FW)

16位:長谷部誠(日本代表/フランクフルト/MF)

15位:武藤嘉紀(日本代表/マインツ/FW)

14位:オマル・アッソーマ(シリア代表/アル・アハリ/FW)

13位:キ・ソンヨン(韓国代表/スウォンジー/MF)

12位:ウー・レイ(中国代表/上海上港/FW)

11位:酒井宏樹(日本代表/マルセイユ/DF)

10位:レザ・グーチャンネジャド(イラン代表/ヘーレンフェーン/FW)

9位:サルダル・アズモン(イラン代表/ルビン・カザン/FW)

8位:オマル・ハリビン(シリア代表/アル・ヒラル/FW)

7位:マシュー・レッキー(オーストラリア代表/ヘルタ・ベルリン/FW)

6位:オマル・アブドゥルラフマン(UAE代表/アル・アイン/MF)

5位:マシュー・ライアン(オーストラリア代表/ブライトン/GK)

4位:香川真司(日本代表/ドルトムント/MF)

3位:アリレザ・ジャハンバフシュ(イラン代表/AZ/FW)

2位:アーロン・ムーイ(オーストラリア代表/ハダースフィールド/MF)

1位:ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム/FW)

日本人を順番に並べなおすと

4位:香川真司(日本代表/ドルトムント/MF)

11位:酒井宏樹(日本代表/マルセイユ/DF)

15位:武藤嘉紀(日本代表/マインツ/FW)

16位:長谷部誠(日本代表/フランクフルト/MF)

17位:久保裕也(日本代表/ヘント/FW)

19位:乾 貴士(日本代表/エイバル/MF)

21位:岡崎慎司(日本代表/レスター/FW)

24位:小林 悠(日本代表/川崎フロンターレ/FW)

26位:中村憲剛(日本代表/川崎フロンターレ/MF)

30位:吉田麻也(日本代表/サウサンプトン/DF)

36位:大迫勇也(日本代表/ケルン/FW)

40位:酒井高徳(日本代表/ハンブルク/DF)

42位:本田圭佑(日本代表/パチューカ/FW)

43位:森岡亮太(日本代表/アンデルレヒト/MF)

45位:柏木陽介(日本代表/浦和レッズ/MF)

50位:中村航輔(日本代表/柏レイソル/GK)

26位に中村憲剛が入っているのには、驚いた!

西野監督は入れてくるでしょうか?

1位:ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム/FW)はさすが!

つい最近の試合でポーランドから2点取っているのでは?

面白いのは日本が圧倒的に多いということだ!

日本が16人も入ってる

韓国が7人

本田が日本人の中でも下位にいることは頭に入れておくと良いだろう

最近活躍している選手は入っていないのは何故だろう?

いつまでの実績なのか?よくわからない!

香川の評価が一番なのは、今の怪我の状態などを

考慮していないのであろう

オーストラリアがタイに苦戦をしている

2:2の引き分けからのPK戦でやっと勝っている事実!

デカイ体の選手は持久力が足りない

日本人はボストンで優勝した川内選手のような持久力を活かす事だ!

(余談だが優勝賞金1400万円、税金払うと1100万円くらいになるらしい)

長友なんかがいい例だ!

俊敏性と持久力で

タイの選手のようにオーストラリアを苦しめよう!

岡崎が言うように、つなぐサッカーに縦の速攻を組み合わせる

そのタイミングを決める司令塔と阿吽の呼吸が重要なんだ!

残り少ない期間だけれど、日本人監督になって、微妙な意思疎通が可能になって

その辺の連携を期待したいよ!

先ずはナデシコから学ぼう!

テレビ朝日【サッカー・AFC女子アジアカップ2018 W杯最終予選 決勝「日本×オーストラリア」】

(01:50am04:00am)#tvasahi #nhkgtv #tv_bing

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中