天国の康子へ

高松の実家へ行くと

いつもいつも優しかった康子

私から離れなかった
20代の若さで天国へ

葬儀会場のお寺には

何重もの人達が

お年寄りから若者まで

あの優しさは

私のためだけではなかったのだと

今にして思う

山登りの帰り道

崖崩れで車ごと谷底へ

私が駆けつけた時

君は冷たくなっていた

大好きだった康子に会いたい

いつの日か

瀬戸内海に沈む夕日を見ながら

手をつないで歩こう

きっといつの日か

「きっといつの日か」日暮英典監督の誕生日に寄せて

万感の思いを込めて

お祝いの花に込める

各務原市民の皆さんと共に

「いつの日か」のメロディーを
いつの日か

いつの日か

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。