「ちょっとまて野球部」本日公開

Scroll down to content

本人曰く

「清々しい程にばかばかしい」

しかし観た後自然と笑顔になれる作品

世知辛い世の中

たまにはこういう作品で

息抜きをしていただきたい!

この写真が

私の高校時代と重なって

甘酸っぱい思いがこみ上げてくる

私は県立浦和高校に入るため

受験勉強で弱った体を立て直すため

水泳部に入部する

泳ぎが好きなだけでは通用しない

毎日の練習

5000、1万メートルを泳いだ後

インターバルの集中

なんとか食らいつく日々

そこへブラスバンドの部長が

うちの部へ入ってくれないかと

水泳部の部長に掛け合いに来る

両方の部長に口説かれて

掛け持ちすることになる

しかしあまりに練習が甘いブラスバンドの

先頭に立っていた

中学の時お世話になった

指揮者の川崎先生を夏の合宿呼んで

立て直しを図る

いつのまにか浦和高校のブラスバンドの中心に

水泳部をやめ

コンクールを目指す

川崎先生と共に

浦和高校の指揮者として

練習に取り組む毎日

もちろんコンクールの成績は県を代表して

関東でもトップクラスにのし上がる

そんな思い出が蘇る!

この映画の野球部の部長として

息子が合宿に向け

成績の悪い須賀健太君を何とかしようと

ドタバタ劇を繰り広げるが

一年生トリオのおかしな行動に巻き込まれながらも

なんとか野球部の体裁を整えようと

部を引っ張って行く姿が

昔の私を思い出させ

あの頃の今思えば輝いていた日々が

この一枚の写真に込められている

本人は今日もある作品の撮影に取り組んでいる

凍てつく大地と格闘しながら、チーム一丸となって

後世に残る作品に打ち込む

本当に恵まれた仕事に感謝しながら

全身全霊を打ち込む姿は

尊い!

私の好きな吉永小百合さんと共演できる日を夢見ながら

東映も良心的な作品を挟んでくる

いいな〜!

『北の桜守』

吉永小百合の120本目の出演作

『北の零年』

『北のカナリアたち』(阪本順治監督)に続く“北の三部作”最終章

さゆりちゃんは早稲田大学の夜間に通っていた頃

私も中大の夜間から昼の全日に通うキッカケをくれた人だ!

確か年は同じ

72歳

すごいです

尊敬する人であり、心の友でもある

いつか息子と共演をお願いします

それまでは死ねない!

予告編

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。