ボケから始まりボケで終わる

Scroll down to content

人生のことではなく

カメラの始まり

カメラ歴60年

バカチョンから一眼まで

その遍歴は自分でも驚く

でもここで集約されるのは

ボケ!

海外でも使われているボケと言う単語

被写界深度を深くすれば

手前から奥までピントがあって楽なんだが

何を狙ったのかわからない画像が出てくるので

つまらない

ボケが大切なのはカメラマンが狙ったテーマがはっきりするから面白いし

美しい画像を生み出せる

例えば

ポートレートも背景にボケを生かせれば

このような写真が撮れる

モデルが引き立つ!

そのためには

レンズが明るい方がよくボケる

あとセンサーが大きい方が良いとされるが

それは望遠効果と同じような事からボケているので

光学系のボケとは違う

決め手はレンズのF値が少ない方が良いのである

PowerShot Gw1 X Mark IIIはセンサーが大きいけれど

広角24ミリでF2.8

LX100はF1.7という驚異的な明るさ

望遠75ミリでもF2.8なのでよくボケる

方やGw1 X Mark IIIは72ミリでF5.6とかなり暗い

これはボケを重視する人にはかなりのネックに違いない

特にマクロでの効果も見逃せない

美しくボケた花の写真に私が感動するのは

マクロのボケの配色や滑らかなボケの広がりが

決め手になっている

Gw1 X Mark IIIはマクロが10センチ

方やLX100は3センチと言う驚異の数値

暗いところでもF1.7のおかげで綺麗にボケる

素晴らしいの一言

その代わり

両方とも電源切っても、レンズカバーが出ない!

まだLX100はオートレンズカバーを付けられる(別売とは)

コンパクトにするため犠牲も出る!

ライカでレンズを明るくすると

こんなにでかいのだ!笑

やっとこさPowerShot Gw1 X Mark IIIレビューが出て来始めて

過大な評価は見られない

結構地味な反応で、わかるような気がする

私のLX100と同じくらいの重さにすることに集中させるあまり

明るいレンズは後回し

何より自社のセンサーに変えることが大きな目的と見る

ソニーに頼りたくないだろうな!?

このカメラでおろそかになっているのは

4K動画が撮れないと言うマイナス点が大きいと思う

LX100は3年前から実現しているのだと言うのに

ビーナスエンジンは流石!

AFも爆速だし、連写もPowerShot Gw1 X Mark IIIの9枚に対して11枚と言うエンジンだからこそ

可能な4K動画!

LX100は怪物だ!

この怪物の4K動画をご覧あれ!!!

大阪梅田ブラリ

https://youtu.be/y28luOsDBnM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。