進化した出戻り娘 G7Xmark2に期待!

G7X

G9X 

G5X
の流れの中で

レンズの明るさがボケの決め手なんだと今更に気付く

ボケの決めては

レンズの焦点距離→長いほどボケる

レンズの明るさ(F値)→明るいほどボケる

撮影距離(ピント位置までの距離)→近いほどボケる


センサーの大きさは

たとえば、同じ45°くらい(いわゆる標準レンズ)の画角を写す場合の焦点距離はそれぞれ、


1型サイズだと18.5mm(明るくできるのもこの奥行きで足りるからなんだ!)

APS-Cサイズだと35mm(レンズを明るくすると、奥行きを取らねばならず、コンパクトサイズにできないと言うジレンマがある)

フルサイズだと50mm(ライカとソニーはフルサイズコンパクトを出している)
同じ画角を写すのに、センサーサイズが大きくなるほど焦点距離が長くなる

そしてレンズの焦点距離は「長いほどよくボケる」ので


大きなセンサーサイズは必然的にレンズの焦点距離が長くなるので、結果的にボケやすい、

と言うわけなんだと今更気が付く

発売されたばかりの

PowerShot G1 X Mark IIIのセンサーは

大きいけれどボケにくいらしい!

望遠側70ミリ相当でF5.6

G7X、G5Xも望遠側100ミリ相当でF2.8

ここまで違うと

同じシャッター速度で 

G7X、F2.8、ISO1600~3200

G1Xmark3、F5.9、ISO6400~12800

実用感度から遠く離れてしまう

センサーを大きくしたメリットが薄れてしまう!

レビューもなかなか出てこないわけだ!

キャノンは迷ってるだろうなー!

センサーを自前にしたい

一型センサーをソニーに頼りたくないんだろうな!?

様子を見ているに違いない

そこでG5Xを数ヶ月使って見て

不満点として

AFのスピードがもたつくこと

液晶ファインダーの部分がバックから取り出すときに

ひっかかること

片手撮りには重いこと

そこで

G7Xmark2に白羽の矢を


G5Xより後に出たのでエンジンが何と

デジック7を積んでいることに気がつく

液晶ファインダーの出っ張りがない

既にG7Xを使ったことがある

重さも377グラムから319グラムへ

その良さは体験済みなので

さらに進化したG7Xmark2に変えようと決心する

幸いG5Xが高く売れるうちに差額1万8千円で手に入れる

来週届くだろう

進化した出戻り娘G7Xmark2に期待!











コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中