PowerShot G1 X Mark III発売に寄せて

Scroll down to content


フィルターは直接つけられるようです

フードにもフィルターはつけられます

フィルターにこだわるのは一眼レフ時代からの流れと

レンズキャップを一々取り外す手間を省きたいからでしょう

その点私のG5Xはオート開閉なので

左のを処分して右のを手に入れて半年

いずれも1インチセンサー

今回の発売は


約倍ほどの大きさのAPS-Cサイズ

ミラーレスはほぼこの大きさ

半年使った印象は

結論から言うと

解像度、ダイナミックレンジ共に

APS-Cサイズに負けない表現力を備えていると言おう

果たして大きさが全てなのだろうか?

いや違うというのが結論だ!

ボケ量に関しても

レンズの明るさが決めてだろうし

解像度もソニー製1インチ裏面照射型センサーは素晴らしい!

キャノンのレンズとソニー製1インチの叩き出す画像に

果たしてAPS-Cサイズは勝てるのであろうか?




トリミングにも強い

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。