2018年サッカー日本代表の新ユニホームの印象!


私の第一印象は

野良着か!?

雑巾と言う人もいる

結論から言うと

デザイナーの独りよがり

選手の目線やサポーターの

あるべき日本代表への思いを具現化していない
古来の武将たちが戦いに挑む際に身にまとっていた、

鎧下と呼ばれる着物に使われている

藍染の生地がモチーフのようです。

藍色の原点に帰ってのデザインだったようであるが

私にとってはモンペにしか見えない

野良着である

あえてこじつければ

泥臭くでも勝ってほしい

粘って粘って

泥にまみれても

最後は勝つ

そんな願いを込めてみよう

勝てばこのユニホームも輝かしいものになるはず!?

それにしても初めから

サポーターにダサいと言われるようなユニホームを

協会の人達は自分で着たいと思っているのだろうか!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中