学生時代

中大御茶ノ水から秋葉原のスピーカー街へ繰り出す

スピーカーとスピーカーボックスの組み合わせで

理想の音を見つけ出す作業

楽しかった

父の弁護士事務所で手伝ったり

代々木オリンピックプールの監視員で稼いだアルバイトのお金を

レコードとスピーカーボックスに全部つぎ込む

憧れのJBL

Boseは手の届かない存在

その中でもクラシックなら

リチャードアレンのスピーカー

B&Oは理想でも高嶺の花

ジャズを聴くなら効率の良いスピーカーのJBL

B&Oのようにオーケストラの弦の艶やかさを出すなら

アンプは大出力を

あれから50年

目の前にある



やっとの思いで手に入れる

20000円弱の!笑


聞いて見て驚く!

懐かしい音に

早速    海街ダイアリーの映画音楽を

弦の艶やかさと

音の広がりがそこにある

ほぼ同じサイズのものに比べ


カーテンをすれば

雄大なスケールを鳴らす

BANG & OLUFSEN     

Beoplay P2

手のひらサイズ



その秘密を教えよう!


ステレオ以上の広がりが

中低音用スピーカーと

ドームツイーターの二本だけを

最大出力100ワットのデジタルアンプで鳴らす

ドームの高音と中低音のスピーカーの繋がりが素晴らしい!

昔に聞いたB&Oがここにあり

なかなかクラシックを綺麗に鳴らす

ブルーツーススピーカーはこのサイズで見たことない

喧騒の中で育ったJBL

北欧の雪の中でそだったB&O

音楽の環境がそのまま音作りに反映されている

B&Oのツイターは弦楽器の艶やかさばかりでなく

ジャズのドラムのブラシの擦れる音

シンバルのアッタック音まで

リアルに浮きださせる!

レイブラウンのベースの重低音まで誇張なしに響かせる

音楽好きを納得させるパワーがある

やっぱり音作りの伝統は生きている

ドームツイーターを乗せて

二本だけで音楽の立体感を出しているB&O

50年目のめぐり会い

ジョニーハートマンの

「Why Did I Choose You」を聴きながら

いい時代になったもんだ!


右は2000円のスピーカー

左は2万円のB&O

それぞれの価値がある

右はカメラ充電用になるスピーカー


USB-Cコネクター(キャンドーで百円で手に入る)
2時間で10時間分を充電できる!

いい時代になったもんだ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。