宮崎駿監督の引退撤回

Scroll down to content

  

やっぱりもう一度長編アニメに挑戦する意欲が湧いたのだと思う
しばらく休んでいる時は

人間はろいろな刺激を受け

人生を白紙から考え直すことができる

余裕が生まれる

私もその1人だ!

宮崎監督も白紙になって

自分を見つめ直すことができたのだと思う

周りの友人たちは、次々他界する中で

引退して短篇アニメ(毛虫のボロ)を作る

短篇アニメを通して表現できる喜びの本質を

見つめ直したに違いない

過去の作品を振り返りながら

持病の心臓病を抱えながら

病床で何もできないのではなく

「何もやってないで死ぬより、やっている最中に死んだほうがまだましだね。

死んではならないと思いながら死ぬほうが…」
この思い痛いほどわかります!

私からクレープを取ったら何も残らない

身体が思うように動かなくとも

まがりなりにも34年培って来た

材料の仕込みから、焼きの技術まで

アンちゃんの手を借りながらも

一通りこなせるのだから

アニメもクレープも手作りの積み重ね

再びスタッフを集め、活動を始めた監督の心境が

痛いほどわかる
風の谷のナウシカ/1984年

(原作・脚本・監督)

天空の城ラピュタ/1986年

(原作・脚本・監督)

となりのトトロ/1988年

(原作・脚本・監督)

魔女の宅急便/1989年

(プロデューサー・脚本・監督)

紅の豚/1992年

(原作・脚本・監督)

もののけ姫/1997年

(原作・脚本・監督)

千と千尋の神隠し/2001年

(原作・脚本・監督)

ハウルの動く城/2004年

(脚本・監督)

崖の上のポニョ/2008年

(原作・脚本・監督)

風立ちぬ/2013年

(原作・脚本・監督)

最後の作品とされる「風立ちぬ」は

いま一つ説得力に欠ける

監督もそうであろう!?

私の中では「風の谷のナウシカ」を筆頭に

監督はもっともっとモヤモヤするものを

抱えながら日常を過ごしていたに違いない

ジンプルでありながら、もっと奥の深い作品を

監督なら作れるはずだ!

そんな気持ちが感じれる

NHKドキュメンタリー番組「終わらない人 宮崎駿」のなかで

宮崎監督の引退後の生活にそれが感じ取れたのです。

スタジオジブリには北原のリハビリで

同室だった友人が今でも働いている

丁度その頃「崖の上のポニョ」が製作中

あまりにも子供向けで私は好きになれなかった。

どうかアニメを作る喜びを感じながら

その幸せを感じ取れる作品をお待ちしています。

監督から「一病息災」と書かれた色紙にのせた

その心を

後世に残されるように

期待しています

  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。