今日は 、出て行った息子へ

今できる精一杯の心を届けに

銀行の窓口へ

窓口の受付嬢(5人のお子さんのお母さんと後で知る)に「クレープ屋さん!」

「どうしたんですか?」

「お店を閉めるんです!」
「小学校からずっと食べていたんですよ!」

「お子さんは?」

「大学生を筆頭に5人います」

「子供達も近所の人も大好きで、今でも頼まれるんです」

走馬灯のように昔のことが蘇る

その言葉を聞いて、どっと涙が堰を切る

みんな見ているのに、抑え切れずに手から涙が溢れ出す

そっとポケットティシュを渡してくれる受付嬢(本当に綺麗で若くて素敵なお母さん!)

次は久しぶりにアルプスに行くと買い物した物をキャリーカーに詰めていると

「あら珍しいじゃないの」

アルプスで1番のベテランの店員さんが手伝ってくれる

「いつも来ていたお兄さんはどうしたの?」

「お店で出会った彼女と新居を構えるために出て行きました」

覚悟はしていたとはいえ

私にはあまりに突然だった

でもこんなことが無ければ、ズルズル行っていたに違いない!

私は彼の気持ちが痛いほどわかる

自信をつけた男は、黙って人生の旅に出る

どうかここで学んだことを生かしてほしい

早速クレープ屋さんを二人で始めているに違いない

私がそうであったように

そして幸せな家庭を築いて欲しい

親のように怒り

先生のように接し

共に同じ釜の飯を食べた息子が旅に出る

こんな嬉しいことはない

瑛久を送り出した時のように

本当に本当に本当に

34年間お世話になりました

クレープアンを愛してくださった皆さん!

今日は一晩中言い続けよう!

ありがとう!ありがとう!ありがとう!

最高の人生でした

3 Replies to “マシュウの涙”

  1. とってもとってもとっても大好きでした!閉店ものすごく悲しいですが、、、、感謝の気持ちでいっぱいです。主人と出会って 初めて西八来た時に行き、息子のご褒美の日はアンでした!
    最後にもう一度食べたかったです。それだけが残念

    西八のアン
    皆の心に

    いいね

    1. 思い出はクレープと共に
      目に浮かんで来ます
      あの頃を
      思い出を胸に思いいっきり抱きしめて
      再会できるように
      頑張ります。
      私の遺伝子は
      町田小山店
      星ヶ丘店
      そして息子塩野瑛久へと
      確実に受け継がれています!

      いいね

    2. 吉報で吉報です!なんと天使が舞い降りて来ました。高校時代とパティシエの専門校を行ってる頃
      働いていた彼女なら鬼に金棒です
      もう一回思い出作りましょう
      ケーキケーキ屋さんの店長を辞めて駆けつけてくれた古瀬村麻椰チャンが戻って来てくれたのです。彼女の舌は
      私より確かです。来週か再来週にオープンできそうです。但し営業時間は、短くして、週2日の定休日(多分月曜日と金曜日になると思います
      これならできそうです。電動車椅子を上手に利用しながら、やって見ます。本当に愛されていたんだな!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。