風と雑木林と建築家夫婦の物語

修一さん90歳
英子さん87歳

こう言う生き方に憧れるが、なかなか難しい世の中だけれども

せめて気持ちだけでも持っていたいと思わされる

東海テレビが二年間に渡って取材したものを

テレビで放映した後 ドキュメント映画にまとめたものだ!

修二さんは東工大卒設計士でもあり

大規模団地の企画設計に携わっていたこともあり

シッカリ自分の家にも反映されている

30畳のワンルームに住みながら

自然の果実を育て食べる生活

私達に豊かな生活とは何かを問いかける

修一さんは

彼女は僕にとって

最高のガールフレンド」と言う言葉を残して

旅立たれる

平成27年6月享年90歳


英子さんは夫亡き後も

赤い屋根の小さな家に住みながら

せっせと農作業に励んでいるようだ






コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。