完全アナログレンズ発見!

8300円で完全マニュアルで使う仕様

フジノンレンズでは27ミリF2.8というのがあるが

2点の欠点がある

レンズ調節用のモーターがうるさい!

絞りの表示がない

ほとんどのレンズには表示があるのに何故これだけないのか?

フジフィルムらしくないと

オールドレンズには付いているので

それがデザインとしてクラシックカメラの雰囲気作りになっている

そこでこのレンズの出番!

5000円くらいで、センサー保護を兼ねている

レンズとしても機能するものがあるけれど

格好悪いのでこのレンズを付けていたら絵になるというわけ!

50ミリでも同じ値段

F2.0で8300円なんて?

遠くから見たらオールドレンズと思わせる風情は

ポチリたくなる!

  
こっちの方がかっこいい!


メタル製の鏡筒。キャップもソレ。
手にした時のひんやりとした感触と
ガラスの塊が入っているよね、そんな感じの質量感。

マニュアル操作を楽しみながら、写真を撮る。
ちょっと失敗したって、デジタルなんだからいくらでも撮り直せばいい。

使ったひとの感想より



庶民の見方

プロじゃないんだから

アナログ操作で学ぶ写真の心

これで十分だろう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中