愛ちやんの24年間

一社のテレビ局が24年間おいかけたというドキュメント

3000本のビデオになる

大きな箱にいれて600箱

一人の人間を24年間追いかけたドキュメントは

テレビ局にとって、どんな意味があるのだろう

愛ちゃんは局の人に聞く

私一人を24年も追いかけるなんて、どういう意味があるのですか?

最後まで納得の行く返事は聞けない

人間そのものなのか

卓球界の現状と未来なのか

最期まで掴みきれていない

結婚してからの

旦那さんの地方巡業に極寒のチェコにいる

寒々としたコートの片隅で旦那さんを応援する愛ちゃんの姿が

印象に残っている

恵まれた家庭に育った愛ちゃんを見ていて

いつも思う

中国にはその日を生きるために必死になっている子供達がいる!

その底辺から生まれてくるチャンピオン達

日本に来たその枠からはづれた選手がコーチになる

その一人が言う

愛ちゃんのような子供は3000人いる

生き残るために

国籍変更して出てくる選手の多いこと

この問題は、根が深い

ドキュメントは、膨大な記録から

どこを掘り下げるかで

感動も違う!

これだけの資料を愛ちやんのファンだけにはもったいない!

終盤にかけて、同じような環境で育ってきた若者達の人気もハンパない

その片隅に追いやられて行く愛ちゃんの成長がこれからも見たい

いかに自分が恵まれていたかを知る旅に出ている愛ちゃん

それが前の質問になったのだと思いたい

今の若手達はオリンピックが終ったら、結婚して

さっさと他の目標に向かうという

その顔はサバサバしている

愛ちゃん以上に

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中