撮る楽しみはどっち?

Scroll down to content

キャノンとFUJIFILMを並べて見て思う

軽さではM10に軍配!

レンズは35ミリ換算

M10が42ミリ相当 手ぶれ補正あり

XE1が52ミリ相当 手ぶれ補正なし

M10チルトあり、自分撮り可能

XE1はビューファインダーあり、チルトなし

大きさはM10が一回り小さい

XE1横長、ビューファインダー覗くにはこの長さは必要

液晶の大きさは

M10が3インチ

XE1は2.7インチ

カメラ女子は圧倒的にM10だろう

このサイズならバックにつっこんであっても苦にならない

日常の風景や商品スナップもできて、マクロ1センチは強力だ

カメラ女子がタッチパネルで気楽に撮れるのは、M10に軍配
一方フィルムカメラに興味のある人や自分の作品展なんか将来やりたい人はXE1

撮る楽しみを知ってる人が究極に選ぶのはライカ

軍艦部のダイヤルを見ればXE1にはモードダイヤルなんぞない!

シャタースピードと露出補正ダイアル

絞りはレンズ鏡胴に

でもこれは難しいようでいて、物凄くシンプルそのものなんだ露出中心の人は

シャッターをオート(A)にして鏡胴を回して露出を決める

ボケと被写界深度を決めるには
先ずは露出から決める

ボケの量や深さはビューファインダーを覗けばいい!

明るい日中は液晶ではわからない

もちろん老眼気味の人にも優しいビューファインダー!

なぜライカは光学ビューファインダーにこだわるか

のぞいて見てごらんわかるから

撮ることに集中できるから

・明るい日中でもファインダーの中はよく見える

・ファインダー内の映像の周りが黒いので、構図に集中できる

・顔に付けて撮影できるので、ぶれにくい

・老眼の人には視度調整でその人に合った絵が眼鏡なしにハッキリ見える

        モチロン目を付ければビューファインダーが点き、離せば消える

ビューファインダー覗く時、液晶にベッタリ頬がつくので

3んインチだと液晶がベタベタになる

ライカのように縁の出っ張りがあると

液晶が汚れないので、2.7インチ縁ありは正解だ!

今どき2.7インチなんてと言う人はビューファインダーを使って見てください!

撮る楽しみを教えてもらえるから

自分撮りやタッチ液晶で撮りたい人は、スマホを持っていけば良い

撮る楽しみは露出補正からと言う人のためのカメラはXE1をオススメ!

という具合にこのビューファインダーだけで

撮る楽しみは無限なのだ!

どっちが楽しいだろう?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。