まさかの四刀流!

Scroll down to content

目を皿のようにして観た

陽炎の辻 完結編

おこんさんとの間に空也くんが生まれ

すっかりお父さんとして、我が息子を見守る磐音

研ぎ澄まされた剣技もどこか丸くなっている

権力闘争の中で刺客を送り続けてきた田沼家

三つどもえの戦いを見ながら

なぜか東京都生を思い出し

小池知事が着々と勢力を伸ばし続けようとする戦略が読み取れて

江戸時代も現代もそう変わらない権力闘争

今年の都議選は陽炎の辻さながら

話はそれたが

完結編は子役達の渾身の演技に胸を打たれ

周りの役者達はまるで陽炎のような存在に見えてしまったのは

私ばかりではないでしょうか

そしてピンチにたっても毅然とするおこんさんに小池知事を重ねてしまう笑笑

母として父に反抗する空也を諭す時も

父を立てるという役割を世の奥様方は心して欲しいとつぶやいている自分に笑う!

息子を失い自暴自棄になる父親田沼の心境を吐露する長塚京三さんの演技の前に

さすがの山本耕史さんもタジタジ

守るべきものを持った磐音を諭すおこんの父親役の小松政夫さんの演技にハッとさせられる

この世界の経験と年の功がドラマに深みを彩り

さすがベテラン俳優達の共演にいつの間にか引き込まれ

終わったら

あれ?

我が息子の塩野瑛久はどこに出ていた?

エンディングロールを目を皿のようにして見る?!


そしてメールが届く

「アッキー天晴れ!」タイトルで

まさかの四刀流!
バサラの剣技が生かされてましたね

磐音さんを追い詰めてからの切られっぷり、お見事!
エッ?まさかの敵方とは?

録画をしておいてよかった!

鈴木道場の門下生として佐々木道場の磐音と対決する役所とは


6刀流の伊達政宗を演じた殺陣を活かそうと西谷監督の配慮に感服

まるで別人のような形相と気迫に

気がつくわけはない!笑

主役を圧倒する演技に

見事に散ってゆく様は

本人が大好きな桜の花のように

綺麗に咲いて散って行く

心の中で拍手を送る!

本人のツイッターより

「陽炎の辻ご視聴頂いた皆様有難うございました。


鈴木道場四刀流の若き門弟三田次郎左衛門という役を演じました。


少しの出番でしたが監督の西谷さんから四本でいこうと言っていただき少しは爪痕を残せたかと思います。
時代劇初の四刀流をした役者と、、笑


 歴史ある作品の一部になれたこと嬉しく思います」




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。