ノーベル文学賞が風に吹かれて!笑

ボブディランに連絡取れず

ノーベル賞アカデミーはディランに連絡を取るのを諦めたそうである

授賞式に参加しない場合どうなるのだろう?

元々「ノーベル賞」に「文学賞」や「平和賞」等無かったことを知る

ハルキストは怒るだろうー

ふさわしい人はいくらでもいるのにと

調べると過去に辞退した人がいる

ジャン=ポール・サルトル(文学賞・フランス)

レ・ドク・ト(平和賞・ベトナム)

ボリス・パステルナーク(文学賞・旧ソ連)

パステルナークはソ連の政治的な事情で辞退させられたそうです。
アカデミーの一委員は

ディランを傲慢だと名指したそうである

でも

12月10日の授賞式について

ノーベル賞側は

「来るか来ないかにかかわらず、彼の受賞を祝う。

私は出席してくれると思う」と楽観視している
ディランの立場から想像するに〜

・・・・・夫婦同伴で堅苦しい式服なんか着てまで

行きたくないよ!

俺がどこにいるか?

風に聞いてくれ!・・・・・・・ボブディラン

時代に流されず、やりたいことをやっただけ

コレが俺の人生 !

ノーベル文学賞を貰うほど

価値ある人間じゃないよ!

そんなボブディランに惹かれた人はたくさんいるだろう

研究費が足りなくて

困ってる化学者にとっては

よだれが出るほどだろうに

ハルキストは置いといても

春樹さん自身ももらえれば嬉しいが

喉から手が出るほど欲しいわけじゃない

世界中で売れ続け創作活動に支障が出ているわけじゃない

ハルキストが騒いでるだけじゃない!?

やっぱり文学賞と平和賞は、どうしてももらいたい人にあげれば

色々政治的信条的に問題があるから

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。