本田をボランチに

Scroll down to content

本田選手のバセドウ氏病は、知る人ぞ知る

手術でだいぶ良くなっているが

未だ安定していない

前のような体力を維持できない

目が異常に突出し始めて、バレてしまったのだけれど

今までのポジションでこれ以上負担をかければ

代表全体のパフォーマンスを落とし

ワールドカップの夢は遠くなる

前の清武、岡崎を生かせる

何より彼の経験が守備にも貢献する

ロシアチームにいたこともあって

ロシア大会のカギを握ってる

守備力強化と前線への連携にもぴったりの存在

守備陣は吉田、森重では力不足

無理するためファールが多くなる

来週火曜日午後5時からのオーストラリア戦は

勝たないと来年に残る

中東でのアウェー戦が残るため

引き分けではダメ

勝たないと

オーストラリアも

ケーヒル頼りなので、

世代交代には程遠い

今こそ勝つチャンス

確か引き分けが多いけれど

9勝8敗くらい

勝てない相手じゃない

縦の線を強化する意味でも

本田ボランチこそ

次世代に繋ぐ希望が見える

伊達軍に見る連携プレーに期待!

山口蛍は伊達政宗(塩野瑛久)


原口元気は片倉小十郎(井上正弘)

二人の野武士が柔軟な攻撃を仕掛ける


この二人のコンビが日本を救う

この二人は伊達じゃねー!笑

笑ってる場合じゃないよ!政宗!塩野瑛久!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。