「鶴瓶の家族に乾杯」とセレンディビティー

Scroll down to content

旅行先で様々な人たちに出会い

思いがけない繋がりに感動する

その面白さと人間の繋がりにはいつもいつも心が洗われ

奧田英二 66歳

笑福亭鶴米 64歳

今回の訪問先は

石川県羽咋郡宝達志水町

  
読むことすら難しい
全く未知の世界に引き込まれる
隣人友達は宝物のような

人の繋がりの暖かさで満ち溢れている
ルビーロマンという

 
赤い宝石と言われるぶどうの産地

    
巨峰並みに大きく

薄く透けるような皮の色
今回の感動は
笑福亭鶴米 64歳ではなく
奧田英二 さん

66歳のセレンディビディーの凄さが圧巻だったので

私の大好きな女優安藤サクラさんのお父さん

親子揃って

その感性のすごさに腰を抜かすことになるとは
町中を歩き回る中で

番組が鶴瓶の家族に乾杯とは言わずに

何も告げずにいきなり飛び込む

歩く人も少ないこの街の中で

最後に嗅ぎつけた理髪店

  
黙々と働く母親と息子の関係を

感じながら

何もなさそうと感じると

散髪終わったお客さんに話しかけると

独身と聞いて

この街の40前後の男の人が

みんな独身という流れに

そこで働く同じくらいの年齢の息子に話しかけ

やはり独身という流れの中に

それでも思う人がいて

その彼女を仕事場に呼び出す

  
彼女が何事かと仕事場に現れると

早速彼女の気持ちを聞き出し

二人の愛を感じ取った奧田さん

話を進める
この時とばかりに

息子は勇気を出して告白する

結婚しようと

ずっとずっとその言葉を待っていた彼女は

ビックリしながらも涙を流して喜ぶ

このドラマチックな流れに

私ももらい泣き

決してやらせでない

奧田さんのセレンディビディー

息子のセレディビディーとが融合して

光り輝く

数々の苦難を乗り越えて来た

奧田さんの感性のすごさに

涙が溢れる

二人はドラマのように抱擁する

  
どさくさ紛れに

奧田さんも彼女と抱擁する

  
宝達志水町
なんて響きのいい街なんだろう
二人の気持ちを繋げる街

人々の繋がりこそ宝物
宝達志水町
名も知らない街に飛び込んで

大切なものを引き出してみせる
奧田英二 さん         66歳

笑福亭鶴瓶 64歳

  

 
  
今回は鶴瓶さんを超える

下手なテレビドラマを超えるドラマチックな展開に

いつまでも鼻をすする自分がいる

息子が言っていたように

「きっといつかいい風は吹く」

そのままやんけ!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。