ムッシュことかまやつひろしさん!

御歳77歳とは

バリバリの現役で今まで頑張ってきたので(もちろんマイペースで)

肝臓癌が発見され「青天の霹靂」でしょうが

肝炎から肝硬変そして肝癌へと移行するので

途中気がついてもいいようなんだが

実は肝臓癌の発見は、本人の自覚が無いことから

発見が難しい

それが沈黙の臓器と言われる所以なんだ!

私はC型ウィルスが腎臓の手術の時発見され

一年にわたるインターフェロンの筋肉注射で寛解!

ウィルスはしぶといので、辛い副作用との闘いを一年にわたって続けて

現在ウィルスはマイナスに

実は肝臓癌での死亡の80パーセント近くがウィルスによるものと言われている

沈黙の臓器の恐ろしさを知っている

世界的な有名なウィンドウサーファーの

飯島夏樹さんの実家が八王子市だったので

家族をよく知っている(お客さんでもあったので)

お母さんと4人の子供たちと奥さんを残して

若くしてこの世を去ってしまった夏樹くん

肝臓癌だった!

お父さんを亡くした時の病院で肝臓癌が見つかり

既に手遅れ

臓器移植を希望するも

肝細胞癌の性質から、それも叶わず、この冬は越せないだろうと言われ

ハワイへ移住(冬は越して亡くなった)

最後の時を迎えるまで

私は彼のブログを読ませてもらいました

容態は安定したようでも

医者の目からは生きているのが不思議なくらい容態が悪いのにもかかわらず

小説とブログを書き綴っていました

救急車で運ばれるまで(その途中で亡くなったようだ)

奥さんは同じウィンドウサーファー仲間

4人の子供たちはすくすく育ち

奥さんとともにハワイで暮らしている

飯島寛子さんのブログはこちら

http://ameblo.jp/hirokoiijima/

あの時産まれたばかりの末っ子が15歳になっている!

時の流れを感じながら、ハワイで暮らすには

相当の経費がかかるだろうに

夏樹くんは病魔に冒されながら

小説を書いてその印税が生活を支えていることを

見込んでいたのだろうと思う

そればかりで無く、書く事が心の支えにもなっていたハズ

私は無宗教のまま逝きたいが、夏樹くんはクリスチャンになったようだ

ドキュメントで教会の葬儀には静かに横たわる

夏樹くんの姿が映し出され、ハワイの海に散骨されるところまで

映し出され、最後の最後まで彼の人生を諦めない姿勢に

胸を打たれたことを今でも鮮烈に思い出す

人生に終わりがあることを知ることは

とても大切なこと

息子には常に言い続けてきたことでもある

夏の終わりがもうすぐそこまで
「蝉たちがやっと本気出してきた感


今日も鳴くぞって活力が凄い


今日も生きるぞって生命力が凄い
ビシビシ伝わってくる
負けてらんねえな
今日も生きんぞ! 」


ロワゾー・ドゥ・パラディ(天国の鳥)

広田レオナ監督の作品絶賛撮影中


来年3月の公開

私もそれまで生きんぞ!


天国の白い鳥を探しに

日光江戸村へ飛んでいることだろう!?


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。