サッカー日本代表の今後

ハリル監督よ!聞いてくれ
本田香川に頼らないメンバーを
組んでほしい
二人ともヨーロッパの肉弾戦で
疲弊している
どこかで息抜きしたい

息抜きしに来る二人には

死に物狂いで戦う姿勢が生まれるわけはない

自分のチームで生き残るのが精一杯

ハングリーさを微塵も感じない

浅野原口にはそれがある

ハリルが二人を使い続けることは

自分で自分の首を絞めることになることを

早く気がついてほしい

金森を外したことは、当時は
懸命な選択に思えたが
自分の戦略にたてつくような選手を外すのは
監督の自己防衛にすぎないように見えてしまう
金森のような自己主張
の強い選手こそ今の日本に必要な人材だろうと思う
チキンハートの選手はいらない
サッカーの本質は許された国と国との戦争なんだから、戦う本能のなくなった選手は入らない
監督にたてつくような選手こそ
テクニックより闘争精神を全面に出る戦士を使おう
オーストラリアのケーヒルのような選手
が日本には少ない
これからイラク、オーストラリアとの連戦が続く
ハングリーな戦士こそ
未来を切り開く
原口浅野を上回る闘争精神がある若手を使っていこう
それが出来ないなら、辞めてくれ
それができる監督こそ
求められている

一方でセルジオ越後氏にも言っておこう

アジアでは日本に追いつき追い越せのウネリがやってきている

タイ戦での戦いにも見られたように

アジアでも1点を守りに行く試合が多くなる

5.6点取っても、一点差であろうとも

勝ち点3は変わらない

確かに香川、本田が決定機を外せばこういう点差になる

しかーしこれからはW杯まで

いかに一点を取るか

一点を守るかに全てを集約する時

ハリルを呼んだのは、そのためではないのか?

タイの進化は目覚しいものがある

そのタイに2点さで勝ったことは、あの韓国のメディアさえも

褒め称えている

韓国が引き分けたことを腐す意味も大きいが

タイをリスペクトするなら

あの守りはW杯の戦いの基本に

これからの戦いの基本に据えなければならない

アイルランドを始めとする弱小国の生きる道を学んでいるのではないか

どの国も最強という枠にはまる国なんてない

それがW杯なんだ!

ここアジアでも一点差勝負をものにするかどうかにかかる

もし前半に2点目をとったら、守備陣にスキが生まれ

逆転される闘いを何度も見ている

後半のあの時間に追加点を取れたことが

勝ちにつながったと言えよう

W杯を見続けたものとして

1点さの勝負ができるディフェンス力を身につけたチームが

最後まで生き残れることを

肝に銘じて欲しい

一点に泣かされてこそ

本物になれるんだよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。