まさかのストレート勝ち!

カロビッチは典型的なビックサーバー

2メートルを超える身長のカロビッチ
ファーストサービス平均200キロの相手に

錦織圭は平均169キロ

ダブルフォルトも圭の方が多い

 サービスエース21本の相手に対して錦織圭は6本

ファーストサービスも56/93良くなく

これでストレート勝ちする錦織圭の進化はどこに?

適確な戦術眼、試合の流れを読む力

ポイントポイントを確実にものにする力

ネットポイント17/20   カロビッチ23/56

レシーブポイント31/94 カロビッチ20/93

自分のサービスゲームを確実にものにしながら

相手の弱点を見抜きながらここぞというところで

相手の弱点をえぐるネットプレーで揺さぶる

本当にリオ五輪のナダル戦

年齢を過ぎたチャンピオンナダルが見せた闘魂と冷静な戦術眼

多くのことを学んだはずだ!

私達は錦織圭から

才能は自分を信じ抜く力なんだということを学ぼう!

パラオリンピックが始まる

身体的ハンディを乗り越えてきたアスリートたちを見て

いつも宮崎駿監督が言っていた言葉を思い出す

才能はたいていの人が

持っているんだけど、

才能のあるなしじゃなくて、

それを発揮する

エネルギーがあるかどうか

情熱を持続させる能力があるかどうか
下北沢で撮影中のレオナ監督も教えてくれる

中央の広田レオナ監督は的確に若手俳優を見抜く

自身が身を持って感じてきた俳優としての才能を

五万といる俳優の中から

本物を見つけ出す力を

この確かな目から(51歳)




錦織圭の準々決勝はたぶんマレーだろう

ビックサーバーでありながら

7分の力でラリーを重視

ここぞというときにファーストサービスを入れてくる

ジョコもマレーもサービスはコントロール重視で

7分の力で入れてくる

錦織圭は全力でもその7分に届かない

サーブを入れるだけで余裕がない

ビックサーバーがラリーを得意とすれば

錦織圭がここのところ全敗するのも致し方なし
でも信じ続けて欲しい自分の力を

的確なネットプレー

粘りのフットワーク

相手の力を利用してのレシーブ力

苦し紛れのドロップショットでなく

攻めるドロップショット

バックハンドのパッシングショット

いつも冷静な組み立て

ファーストサーブとセカンドサーブの緩急

幸運の女神は信ずるものにやってくる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。