ロバートキャパ賞を差し上げたい

Scroll down to content


報道写真で表現するには、ライカのチューニングが相応しい

この台風10号の爪痕を切り取ったカメラマンは誰でしょうか?

こういう現場に飛び込めるのは、プロの報道カメラマンとお見受けする

戦場カメラマンとして

ライカを持って飛び込んで行ったロバートキャパの精神を彷彿させる

お見事な写真です!

荒れ狂う濁流

崩壊した橋の凄まじさ

自然の脅威をヒシヒシ感じさせる

橋の向こう側に

呆然と立たずむ人影がそのスケールを物語り

薄もやの向こうに

雲の切れ間に垣間見える夕日が

明日への希望を繋げる

私個人として、今年見てきた数々の報道写真

ロバートキャパ賞を差し上げたい素晴らしい報道写真
自然の脅威は

時に残酷に

時に美しく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。