富士のXシリーズが面白いのは

フィルムシュミレーションモードがあることなんだ!

PROVIA(スタンダード)

VELVIA(ビビット)

ASTIA(ソフト)

この三つに追加されて

クラシッククロームモードがいい味出してるんだ!

「クラシッククローム」は、リアルな表現が持ち味

ドキュメンタリーフォトやストリートフォトに適している

深みのある色合いと豊かな陰影を表現できる撮影モード

花やグリーンには抑え気味な色味に

花とか自然はベルビアやアスティアが良いけれど

街のスナップやシャビーな街の風景にぴったり



というわけでポチリました

中古でXQ1買うなら

このクラシッククロームが使える

XQ2の白が中古で2万円台で手に入ったので

楽しみにしています。

同じ機種を買うメリットはバッテリーを共用できること!

どちらかに不具合があっても

持ち出せること!


このホワイトはツルツルの表面ではなく

シボ加工されているので、滑りにくくて気に入っています。

汚れっぽいけれど

街中繰り出す時は白を持ち出そう!クラシッククロームを使いたくて

(XQ1にはこのモードが入っていない!なぜかソフトアップデートしてもダメ!)

富士の傑作カメラXQは超オススメ!

(両方とも製造終了)

二枚の写真クラシック クロームの色合いです?

柔らかい階調

シャドー部における豊かな陰影

青や緑、赤色などの被写体や背景において色飽和しにくい!


明日届くらしいので楽しみに

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。