反骨の写真家  福島菊次郎さん

福島菊次郎さんが亡くなっていたのです

享年94歳

天命を全うされました

合掌!

水俣病や広島など反骨の写真家の一生は

貧乏との戦い

ヒロシマの撮影を断念する処まで追い込まれる
精神的にも金銭的にも追い込まれても

「戦争は見えないところで

一番弱い人を苦しめる」

その信念は揺るがず

お子さんと奥さんと離れ

訪問介護を受けながら

一人暮らし

残された膨大なネガを

共同通信社に全て無償譲渡していたそうだ!

その中には思いもかけないネガが見つかる

タイトルは

しあわせのうた

家族団欒や哀しみの中での笑顔

ほのぼのとした写真が残されていたのである

思いがけない発見に

関係者は色めき立っていることだろう

きっと共同通信社から写真集が発売されるに違いない

菊次郎さんらしい

反骨の写真家を偲んで

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。