今朝9月クランクインの映画に出演との情報が突然入ってくる

丁度文武両道に目覚めた主人公がテニスのプロを目指すという

「ベイビーステップ」がAmazonのプライムビデオで放送されたその日に

監督が広田レオナさん!

あれ?女優さんでは?

個性派女優さんで、幾つかの作品をテレビや映画で見たことがある

あの桃井かおりさんに負けず劣らず

強烈なオーラを放っていたような記憶が蘇る

私生活でも波乱万丈であったが、お子さん2人を設け

オン歳52歳旦那さんは有名な男優さん

独特の感性を映画に活かせば、カンヌで賞を取れるような人生経験の持ち主とお見受けした

きっと塩野政宗ファンの方は、怒り心頭か?それとも期待に胸を膨らませるか?

どっちかかもしれない?

だいぶ前から覚悟を決めていたのかもしれない

だからこその映画出演だったように思う

キャラクターあっての俳優か

俳優あってのキャラクターか

どちらもあってなのか?

俳優あってのキャラクターなら

おそらくついてきてくれるに違いない

伝統ある舞台には、キャラクターが先行するのはやむおえまい

6双を手繰る伊達政宗は、個性的なキャラクターが先行する

そのキャラクターありきの中で、政宗の色が染み込みすぎて

全く毛色の違うキャラクターは受け入れ難くなるのは、俳優の宿命に違いない

それでは自分の活動する空間を狭めてしまうことになる

政宗役を繋げていけば、事務所的には安定した収入源になるだろう!

しかし21歳の若さで、そのカラーだけで俳優としての評価をされるのは不本意に違いない

おそらくそう言う狭い世界に埋もれるのは、俳優塩野瑛久として不本意だったと想像する

夢を抱いて

夢者修行中の身から

前向きな卒業宣言に踏み切ったと想像する


思いの丈はいずれブログで語るであろうが

今日の発表された映画は来年3月公開のようなので

当然同じ時期に舞台も重なるので

納得した今朝の発表

本人が出ているテニス映画「ベイビーステップ」のことなど

どうでもよくなる(いやいや10話なので、今日だけの判断ではできないという意味で)

あくまで私見ではあるが

発表の映画には竹中直人さん、桃井かおりさんもナレーションで加わっているので

一筋縄でいかないからこそ

奥深い人生の襞を学べる絶好の機会と思っての決断だったと思いたい

伊達政宗ファンには本当に申し訳ないと思っている

まだまだヒヨコの俳優が

自分を表現できる自由と空間を求めて飛び立つのをお許し願いたいと思う

決戦の時

(左は会社の辞令であすなろ応援団を引き受けるようになった柳葉さん率いるあすなろ応援団!

橋上での応援合戦バトル!)


この中にバサラで殺陣のアンサンブルの人達が混じっていたとは)


あすなろ応援団と対立する経学応援団の団長は

見かけはいかついが、優しすぎるので、影の応援団長として

応援団の全てを背負った副団長は、団員のため

陰でクレープを売るバイトで稼ぐ!

全ては決断の時に備えて!


全ては副団長の肩に

柳葉敏郎さん、西田敏行さん、 反町隆史さん、剛力彩芽さんを相手に

最高の演技を見せてくれる

  
再放送を待っている!!

連続ドラマ「あすなろ三三七拍子」が俳優塩野瑛久の全てを象徴する

決断の時こそ頼りになる男だから


こんなに熱く泣かせるドラマは見たことがない!

見せかけだけの視聴率なんて出鱈目だ!








コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。