本能寺の変に新説が

どうも織田信長は、徳川家康を

天下統一に邪魔な存在になってきているので

明智光秀に本能寺に徳川家康をおびき寄せ、暗殺をするように頼んだとされる証拠品が出てきた

その時渋った光秀を

「頼りにならん」と足蹴にした織田信長

どうもその振る舞いが光秀の憎悪をかき立てたようなのだ

家康がその罠にはまらずに、その罠を利用して

油断している信長に復讐したという

その証拠の文書が西洋の古文書から発見される

それを裏付ける補強証拠もある

信ずるか信じないかはあなたにお任せ

さ!お立ち合い!

本日 「本能寺の変」が千秋楽

12時半からと17時の二回公演
あなたの目で確かめてほしい!

もっともチケットは売り切れ!

ツイッターならどうかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。