塩野政宗

為せば成るとは限らぬが、なさねば何もならぬなり」

「成せばなる」という諺はよく耳にするが

塩野政宗は


一生懸命やってもダメなときはダメかもしれないが

まずはやってみなければ何も始まらない

やり続けることでいつか達成できることがあると信じて前に進もう

確か戦隊のオーディションに合格した時に

とっさに思いついたことを記者会見で言ったことから

本人の座右の銘になる

Wikipediaにも記載されている

戦国バサラの伊達政宗役に挑戦したのも

おそらくそんな気持ちだったのだろう!

だから2期やってみて、自分の力を出し切り

自分の持っている

すべてのエネルギーを傾けて、やり抜いたと感じた時(主観ばかりでなく

客観的にも)

潔く次のステージに向かう。

それが塩野政宗の生き様なのだろう

昨晩の卒業宣言は、びっくりするとともに

私はすぐに納得できた(正直今朝のブログ見るまで一抹の不安が)

http://ameblo.jp/akihisa-shiono/


(どこかの元知事さんに聞かせたい)笑




本物政宗は




仁に過ぎれば弱くなる。

義に過ぎれば固くなる。

礼に過ぎれば諂(へつらい)となる。

智に過ぎれば嘘をつく。

信に過ぎれば損をする。

伊達政宗


武士道の基本理念である


「仁義礼智信」の教えを使って

何事もバランスが大切であることを伝えている

これは現代社会に通ずる名言だと思う

「仁義礼智信」は確か儒教

孔子の教えから来ていたはず


いよいよ!

明日東京千秋楽

間違いなく塩野筆頭の足跡は残っている!

後は、のすけ君を大阪の大楽までお守り下され!





コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。