七夕花会にて

突然の発表

【斬バサ】7/7七夕カーテンコールで


速報!


今回で塩野筆頭、
卒業‼‼‼‼‼‼
隣で涙をこらえるノスケ幸村。


会場騒然。



散々迷ったと思う

丸山先生にも相談したに違いない

戦隊の時もいろんな役を演じたい!

口癖のように言っていた!

戦隊ファンが1つのカラーを要求してきているのを

わかっているからこそ

固定観念やイメージが付きまとうことが役者としての幅を縮める

お正月に続いての伊達正宗を演じることで、熱烈なファンがついてくれることは

本人も事務所も嬉しいに違いない

が然し

試行錯誤の役者の世界で

いろいろな役にチャレンジすることによって

もっともっと掘り下げてみたい欲求にかられる

今ならなんでも吸収できる時

1つのイメージを作り出す時ではない

これまでの役の幅の中で奥行きのある自分の持ち味を出せるもの

きっとそれに惹かれているに違いない

バサラが始まってからのブログで

「目線の先には」というタイトルが気になっていたが

今思えばその予感が現実なろうとは?

事務所的にはマネージャー会議なるものがあって

様々な方面からのオファーを持ち寄る

その中で自分が生きる居場所を見つけて行くのが

役者の仕事

舞台は準備期間や公演期間に縛られる

自分で幅を狭めたら

きっと後になって後悔するに違いない

役者はアイドル化されるとその幅が狭くなり

大きく羽ばたけない

事務所的にはアイドル化して

多くの若いファンを掴めるかもしれないが

それではあまりに狭い世界に生きることになるだろう!

昔から「俺はアイドルじゃないよ!」そう言い続けて来る

決断の時だったのかもしれない

輩塩野を見せてくれてありがとう!

2.5次元の舞台は、若い人を育てる
登竜門的役割を十分果たしていると思う!
ーー

本当にお疲れ様

まだ公演は大阪まで続いて行くが後ろ髪引かれながらも

前に進む若者は清々しい

日の出のタイムラプス動画を見てください

出会いがあり

別れがある
それでも

陽はまた昇る

桜島から登る朝日

http://youtu.be/fskJj1qecrQ

大好きなのすけ君へ

悔いのない人生を


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。