10秒の壁が破れる歴史的瞬間見たさに

NHKの視聴率が14パーセントの視聴率を記録する

桐生選手が一押しだったが、物凄いラストを見せたケンブリッチ選手が

たった0.01秒差で優勝!

  
ジャマイカの選手と練習して感じたのパワーの差

この選手権に向けて鍛えなおした結果が最後に出る

ケンブリッチ飛鳥

180センチ75キロ

体脂肪率4パーセント

  
5センチ高いだけで頭一つ前に出る

ストライドも伸びるので

後半に強くなる

ただスタートでは邪魔になり、山縣選手にリードされる

この体格

  
走る姿は、9.7秒台で走るジャマイカ選手の走りを彷彿させる!

  
桐生選手は、暁の超特級と言われた吉岡さんのような走りだ

ピストン走法とスイング走法

向かい風0.3メートルと小雨の中を走るケンブリッチ選手を見ると

桐生選手がかわいそうになる

怪我で出なかったサニブラウンが後に控える

188センチ。 74キロ

  
二人に抜かれて、むせび泣く桐生選手

あの涙がある限り

進化は続くよ!

花のオリンピックで9.9秒台を出せる

男の涙は美しい

ますます見応えがある短距離陣
競争が奇跡を生む!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。