菅野よう子さんのサウンドトラックを聞きながら

私なりの海街diaryを振り返る

この映画が語る4姉妹の心の綾を

鎌倉の海に収束させてゆく監督に

エンドロールを見ながら再び拍手していた

静かに優しく人間の生と死を見つめる

大きな盛り上がりのない地味だけど確かな展開に

見終わった後も新たな発見と深い感動を覚えていた

私の海街diaryをクリックすれば貴方の悲しみや苦しみを

暖かく包み込んでくれるでしょう!

   

    
   
   
    
    
    
    
    
    
   

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。