再び紀伊国屋ホールにて

Scroll down to content

いよいよ明日から公演が始まります。

  
「愛する――それはお互いに見つめ合うことではなく

いっしょに同じ方向を見つめることである」

作家:サン・テグジュペリ

7日18:30の回を除いて、チケット全て完売です。

名も無き21歳の若者の公演に来てくださって

こんなに幸せな事はありません

色々な障害を乗り越えて

果たして思いは伝わるのでしょうか?

ペーソス溢れる演技と笑と涙の青春をお届けします。

ハンカチは二枚用意して観劇します。笑
   

 

花助さんへ

素敵なお花のアレンジ

ありがとうございます。

花器が渋くて

お花を引き立てていますね!

きっと喜んでもらえると思います。

一昨年の主演「純平考え直せ」紀伊国屋ホールに引き続き

2度目の主演を同じホールで、
この花を見ながら頑張ってほしいと願っております。

ありがとうございました。
7月の「戦国バサラ」本能寺の変も主演ですので

花助さんにお願いしようと思っております。(ブルーシアター六本木)

その節はよろしく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。