羽生選手の雄叫び!

「おっしゃ〜ー!」

「みたか〜!」

今までに見たこともない雄叫びを挙げる

最後まで指先足先の全てを研ぎ澄まし

滑りきった表情は

表現者としての誇りを超えて

挑戦者としての意地を感じるショートプログラムをご覧ください

エッジが氷を蹴づる音、ところどころ聞こえる気合

ショパンのピアノ曲の美しさに溶け込むように

曲と同調する演技の美しさに

スポーツというより

芸術家としての表現の極みを

感じる!

新しい9.7インチiPadProに搭載された4スピーカーでも

堪能できるはず

普通のテレビでは絶対に気がつかない繊細な音に

驚かされるだろう

画像はHDレベルのYouTube

羽生選手は前日の練習で

音楽をかけての練習中に

デニス選手と衝突しかける

音楽をかけて先に入った羽生選手を優先しなければならないルールを無視した

デニス選手とぶつかりそうになる

怒り心頭に達している翌日の試合だけに

「おっしゃ〜ー!」


「みたか〜!」

の叫びが出たのだろうと想像する

いやー!

表現者としての演技の極みに

圧倒される!!!

俳優もフィギアースケート選手も

魂と演技がピタリと同期してほとばしる瞬間は

そう何度もあるものではない

昨日の羽生選手にとって最高の瞬間だったと思うと

胸が締め付けられ、自然に涙が溢れる

その瞬間のためどれだけ練習をし

感性を磨いてきたのだろうか

最後に母が得意としていたショパン バラード第1番を聴きながらお別れです

再生不良性貧血にもかかわらず、重い認知症にもならずに

88歳を乗り越えようとしているのは

このピアノがあるからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。