ここ八王子は都内より寒いらしく

桜の開花が遅れている

シーズン到来とともに、カメラを持って

飛び出そう!

その前に手持ちのデジカメで

4kフォトに対応するカメラが見当たらない

注目していた1インチセンサーで

10倍ズームに対応するTX1が発売されてから

動向を注目していたが

1/2.3型       

      

     1インチ
 
これだけの大きさを

一秒間に30コマ以上動かすには、エンジンが

それなりに早くないと

TZ1には、無理があるように感じる

分かりやすく綾瀬はるかちゃんの動画を見て欲しい

写真は一瞬じゃない

一生なんだ
綾瀬はるか

カフェにて
平井堅の歌と共に
ジーンとくるシーンをどうぞ

  

1つは撮ってからピントを変えられること

それには一秒間に30コマ以上写真グレイドでシャッターを下ろさなければいけない

単なる動画のレベルではダメ

4kは3840×2160ピクセル

高精細と言われるHDですら

1920×1080ピクセル

業界ではPanasonicが一歩先を行っているが

Tz1は荷が重いと感じる

最もバランスが良いのは

今注目していいるTZ85が最もバランスが取れているように感じている

連写一秒間に30枚

その一瞬は永遠なのだ
綾瀬はるか

海岸にて

4kを使いこなすにはこのレベルのセンサーで充分なのでは

もう1つは

6月発売のNikonのDLシリーズだ!

こちらは1インチでも画素数落とさず4k連写できるに違いない

このちっこいセンサー撮像素子:1/2.3型 総画素数1890万画素 高感度MOSセンサー

でも800万画素に落とさざるをえない

果たしてNikonはどう出るか!

  
  
  
   
 LEICA DC VARIO – ELMAR 光学30倍ズームf = 4.3 -129mm(35mm 判換算:24 -720mm) F3.3 – 6.4

望遠720ミリの威力はすごいが

手ぶれは、半端ない

そんな時5軸手振れ補正と4k連写を利用すれば

いけるショットが見つかるだろう!

もはや1枚1枚精魂込めて撮る時代は、遠い昔へ!

数撃ちゃ当たると言えそうだが

例えば電子シャッターで稲妻を撮れば写真にならないが

4K連写で撮れば様になる!

 どちらもそれを使ったものだ!  
 少しづつ4kを理解して行こう!

そのためには、手持ちの4台のデジカメを下取りに出して(マップカメラ)

下取りをポイントに変えれば、10パーセント上乗せで

13万近くになる

両方手に入れることは可能なので

人柱にというか未来を見たいな!

iPadProで見る世界は4kを要求する

一度でいいからiPadProでその立体感を感じて欲しい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。