ドイツが誇る名車が復活か?

マイクロリーノという名称で?

イセッタ復活か?

コンパクトEVとして

マイクロリーノという名称で売りに出される

走りっぷりをご覧ください

  
車としての認定は、まだ先のようだ

展示会でも

「This is not a car」と表示されている

こちらが本物

「最初に製造する500台の予約注文をモーターショーの会場で受け付けた。するとこのレトロな外観のEVは注目を集め、500台は13日間で完売したという。同社は購入を逃した人のために17年には

100〜150万で発売するそうだ」
「マイクロリーノは15kW(20ps)の電動モーターを搭載し、最高速度は約100km/h。最初の20mまでの加速なら、「多くのスポーツカーにも負けない」とメーカーは言う。一般的なコンセントにつないで充電でき、一度の満充電で100~120kmの走行が可能だとか。生産は2017後半に開始される予定で、価格は9,000~1万2,000ユーロ(約100万〜150万円)になる見込み。マイクロリーノは、これまでに考案された現代版イセッタ(これとかこれとかこれ)よりも優れたものになりそうだ。」

。ルノーの超コンパクトEV「トゥイージー」のように

こちらの方は

フランスでは車としての認定はクリアーしているようだ!

   
   

パリの駐車事情を配慮したコンパクトEVは日本にも当てはまるのでは?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。