目からウロコの9.7インチiPadPro

Scroll down to content

発売日は31日

手に入れて使ってみた人の喜ぶ姿が目に浮かぶ

それほど衝撃的だったiPadPro

 

私のは12.9インチですが

だからかもしれないのか

それとも9.7ではそれほどでもないのか?

音楽好きにとって

最高の喜びは、何と言っても4スピーカーの威力!

これこそ目から鱗ですよ!

9.7インチに4つのスピーカーを入れ込むスペースはあったのだろうか

まだ分解した人がいないので疑心暗鬼に

ところが、発見!

なんとApple のホームページに

  
ほぼ12.9インチに入ってるのと同じものが

スピーカーと共鳴ボックスの4つとも

見事に収まっている

  

このカーボンファイバーキャップってのが本体に伝わる無駄な音の振動を抑えている

本体共鳴が非常に少ない

純粋にスピーカーの音が奏でているような感じ!

向きを検知して上のスピーカーは中高音域

下のスピーカーが低音域を担当

左右のステレオスピーカーで音の広がりを見事に再現している。
その分バッテリーが両脇に

やや小さめだ

12.9は38.8Wh

9.7の方は27.5Wh

ほぼiPad Air2の27.3Whと同じくらい

それでも音楽再生には全く問題ないレベル

確かにブルーツース対応のスピーカーは

数台持っている

その低音の厚みや迫力はかなわないけれど

iPadProの音の広がり、臨場感に圧倒される

特に絃楽器の美しさと広がりにはびっくりさせられる

なんて美しいのだろう

さらに映画やテレビの実況番組の臨場感は

外付けスピーカーより自然でリアル

これは映像の裏からの広がりが

映画館のスピーカーと

同じ原理で伝わってくるからだろう!

12.9インチの横幅がそうさせているに違いないかも?

いや9.7インチだって横幅が

約17センチ

12.9は22センチ

やっぱりこの幅の広さが

ブルーツーススピーカーにはこんな幅広い小型スピーカーは少ない

だからオーケストラの響きが特に素晴らしい!

スピーカーというと

丸いコーンスピーカーをイメージするが

全く構造が違う小さくとも圧倒的な効率を誇る

トランデューサーユニット

ノートパソコンなどに使われ始めている

低音が物足りないが、高温と中音の澄み切った音はコーンに勝る

特にピアノのアタック音が素晴らしい

キースジャレットの激しい打鍵音でも崩れない

コーンには無い醍醐味

低音は薄いボックスを型取りして、作り上げている

歪みを抑えるためカーボンファイバーカバーで覆っている
  
全体に音の出力を抑えているので

iPadがビビることはほとんど無い

ボリュームを最大にしても共振することは無い!

この技術には感心させられる

トーンコントロールで低音を強調することはできるが

それを使うと、音が割れることはある

ボリュームを最大よりちょっと絞ればそれも避けられる

次の驚きはアップルペンシルを持って

スケッチ旅行の勧め

12.9インチは713グラム

とても持っていられない

9.7はiPad Air2と同じくらいの重さで430グラム

画材道具を持つより軽い

外出先に大量の本を持っていけることがすごい

見開きで読むには、iPad mini4では、不便極まりない

拡大見開き自由自在

シルバー世代に超オススメ!

写真集は絶対12.9が合っていると思う

映画やスポーツ中継などの迫力は12.9にはかなわない

9.7のアップルシム内臓と表示されているのが気にかかり

調べると、アップルシムを使ってもらいたくて

添付しているだけとわかり一安心です。

格安シムは使えます。よかったよかった!

iPad Air2と比較すること自体無意味に感じる

ikPadAir2から大きくバージョンアップした箇所は

「CPU」・「ディスプレイ」・「搭載メモリー」・「カメラ性能」・「ApplePencil」・「ストレージ容量」・「カラーバリエーション」。

この7項目は、全く違う次元のiPadであることに

きっと驚くでしょう!

長い目で見れば東京オリンピックまでくらい

いやそれ以上単独で末長らく使い込むこともできることものであると確信しています。

たとえばテレビだけとか

音楽再生だけとか

画材セット専用とか

高画質化でデジカメのための画像チエックとか(これはすごいことに、撮ったそばから

デジカメに転送され、みんなで楽しめたり画像チェックができるのは素晴らしい(デジカメ側に

その機能が搭載され始めているので、例えばニコンのDLシリーズ)

目からウロコのiPadPro9.7インチはシルバー世代に大受けでしょう!

まずはアップルペンシルを先に手に入れておくことをオススメします。

手作業の組み立てに頼っているので

大量生産できない仕組みだからなんです。

だからこそのペンシル

先が交換できるので

柔らかいものから硬いものまで

いろいろ出てくることを期待しています。

追記

キャッシュメモリーは12.9も同じかどうか

よく聞かれる

残念ながら12.9は4ギガだが

9.7の方は2ギガであることが判明

9.7の狭い画面には十分では?

もう1つ

同じA9X使ってるいるので

クロックスピードが同じと思いきや

9.7インチの方はスピードダウンさせている

おそらく画面が小さいことで

それで十分と考えてのものでしょう

発熱も考えなければならない

ノートパソコンのように

ファンを一切積んでいないのだから

発熱対策のためであろう

それほどA9Xのバランスが絶妙であることの証明かも

自社でCPUを作っているアップルらしいチューニングだと思う

プロ級のアプリがドンドン安い値段で切り売りする

アップルストアーに期待して良いと思う

いつも未来志向を忘れずに

現代の要求にも答えている現CEOクック氏は地味だけれど

ジョブスの精神を敷延、拡張している確かな仕事をしていると思う

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。